卑屈にならない | ダポキセチンやリドカインを味方につけて彼女との関係を改善しよう 卑屈にならない|ダポキセチンやリドカインを味方につけて彼女との関係を改善しよう

卑屈にならない

Sad Girl

早漏になってしまうとついつい自信がなくなってしまって、彼女との関係が悪くなると「早漏だから不満なんだろ」なんて思っていませんか?
彼女との問題を何でも早漏に繋げてしまうと、本当の問題を見つけることができません。
セックスした後、ピロートークとしてどんな会話をしていますか?
早漏気味に射精してしまって、彼女のことなんて放っておいて早漏であることに落ち込んではいませんか。
なんだか気まずくて、「早漏だと思った?」なんて聞いてしまってはいないでしょうか。
最初は早漏について寛大だった彼女も、毎回のセックスでこんなことをされていてはさすがに嫌気が差してしまいます。
男性はセックスにおいて快楽を重視する傾向がありますが、
女性は雰囲気や愛情を重視する傾向があると言われています。
例え早漏だとしても、前戯をしっかり行ってあげたり、キスをしたり抱きしめたりするだけで喜んでくれることもあります。
早漏に意識が向きすぎてしまい、彼女のことを二の次にしてしまっていることが不仲の原因になっているかもしれないのです。
また、早漏であることを意識しすぎるとかえって早漏を悪化させてしまいます。
とは言っても、すぐに自信を持つというのは難しいですから、
まずはダポキセチンやリドカインで早漏を改善しながら、少しずつ彼女のことを考える余裕を作りましょう。
特にダポキセチンには幸福ホルモンであるセロトニンを分泌する作用があるので、
不安や緊張を抑え、穏やかな気持ちでセックスに臨めると思います。