神経に作用する

Girl is wearing black shirt

早漏がきっかけで彼女との関係が悪くなってしまっているという人は、まずは早漏を治しましょう。
早漏は治らないと思って諦めてしまう前に、ダポキセチンやリドカインを試してみて下さい。
ダポキセチンは、主に内服薬タイプの早漏改善薬に配合されている成分で、
射精をコントロールしているノルアドレナリンの働きを抑える「セロトニン」という物質を分泌させる効果があります。
セロトニンは別名「幸福ホルモン」と呼ばれていて、興奮や緊張が鎮まり、心を穏やかにしてくれる物質です。
うつ病治療などにもセロトニンが配合された治療薬が使われているほどです。
ダポキセチンはセックスを行う1~3時間前に1錠を服用し、効果は5~6時間続きます。
もし早漏改善のために薬を飲んでいることを彼女に知られたくない場合も、
あらかじめトイレなどでこっそり服用しておけばバレずに使用できます。
早漏防止グッズとして、コンドームやスプレー、クリームなどもありますが、
これらは確かに膣圧など、直接ペニスに加えられる刺激に対しては高い効果を発揮してくれますが、
セックスの際の緊張感や、また早く射精してしまったらどうしよう、という不安は抑えられません。
ダポキセチンは神経に作用するので、一般的な早漏防止グッズでは防ぎきれないところまでカバーしてくれます。
更に、元々はうつ病治療としても使用されていたダポキセチンなら、
いつもより心を穏やかにしてくれるのでリラックスした余裕のあるセックスを楽しめます。